その他 - 空き家管理

我が家を空き家にしないために

地域に空き家を増やさないために動画を制作させていただきました。

近年、急速な人口減少と少子高齢化により日本全国で空き家が増え続けています。

空き家の多くは、1人暮らしの高齢者が亡くなることが原因で発生します。

その後数年放置され廃墟になることで近隣住民やその地域の問題・負担になっています。

今回の事例は、我が家を空き家にしないため、家主様が元気なうちに現在のお住まいを手放すという決断をされたものです。

先祖代々守ってきた立派な建物を空き家にしたくない、世間に迷惑をかけたくないという家主様の思いを受け、家印が企業にご紹介し、企業の拠点として敷地と建物を活用していただくことなりました。

長年、家主様が丹念に手をかけてきたお住まいを廃墟にしないだけでなく、地域の活性化にも繋げることができました。

日本全国これから増えていく空き家に対し、最も効果的な取り組みは『事前対策』です。

将来を見据え、元気なうちに空き家にしない決断をすること。 解体または、早くに手放す意思表示をしておくこと。

決断と意思表示をしておくことにより、空き家となる期間が短ければ短くなるほど活用率が高くなり、地域や近隣への迷惑だけでなく、経済的な負担も小さくなります。

家印では空き家管理事業を行っており、様々な空き家問題に立ち会ってきました。

その立場から、多くの方に空き家について考えていただけるきっかけとなればという思いで、この対談動画を作成させていただきました。

撮影編集:冨岡智可 × 家印スタッフ


2021.02.08 空き家管理

関連記事

もっと家印を知りたい方へ

資料請求

家印の実例集・マガジン差し上げます
(実例集は富山県内に建築予定の方に限らせて頂きます)