スタッフブログ - 日々のコト

家づくりを考えることは家族を考えること

家を建てる打ち合わせは、住む人が「家族」や「これからの生活」について考える良い機会になります。

私達建築士は、施主様が家を建てようと思った根本にある夢や悩みや目的・目標を明確にして、カタチにするお手伝いをすることが役割です。

そのためには、打ち合わせでどんな情報が必要か?

  • その人の人柄、性格、世界観
  • まわり(家族・友人・地域)とのつながり方
  • 今までの暮らし方・生活習慣・リズム・健康観
  • これからどうなりたいのか?どういった生活を送りたいのか?
  • そのための住宅・物に対する価値観・見方
  • 家族の豊かな暮らしとは何なのか?

施主様は、打ち合わせをすることによって改めて自分たちの生活を見直しできます。

自分たちの生活を客観的に見ることにより望んでいる生活が明確になります。

カタチ重視の家づくりではなく、

暮らしから入る家づくりをすることで

自分たちにあった心地のよい家ができると思います。

ハウジングコーチ  三谷賢治


2021.07.03 日々のコト

関連記事

もっと家印を知りたい方へ

資料請求

家印の実例集・マガジン差し上げます
(実例集は富山県内に建築予定の方に限らせて頂きます)